一番問題なのはなんでしょう??

答えは「その人の心構え」です。

何のことかというと、「男性の薄毛」についてです。
どういうことかと言うと、「男性の薄毛については、第三者はさほど気にしていない」事の方が多いように思います。
実際、育毛増毛に関して言えば、「自分が納得したい」であるだとか、「自分自身の薄毛をなんとかしたい」だとか、そういう方がする施術であって、けして「お前は毛が薄いからなんとかしろ」なんて言う第三者はいません。
髪の毛に関係のある職業であったり、芸能人のような人前に立つ人たちなどの特殊な場合はありえますが、一般人としてそんなことはほとんどありえないですよね。
しかも、育毛増毛で言えばかなりの高額な費用が掛かりますので、なおさら「第三者は関係がなく、自分自身でやりたい」人しかやらない分野です。

個人輸入すれば安価で手に入る薬もあるようですが、偽物などの危険性も伴うというのは、このように(つむじハゲ フィンペシア)いろんなところでよく言われていますね

では「心構え」とは何でしょうか?
私は薄毛を「気にしないこと」だと思います。
芸能人でも、一般の方でも、髪の毛が少ない方であってもきちんと格好いい男性はとてもたくさんいますよね。
逆に髪の毛があっても、格好いいとは思えない男性もたくさんいるでしょう。
前者と後者どちらが良いかと言えば、断然「薄毛でも格好いい人」です。
そもそも、髪の毛は外見的ファクターでそれほど大きい部類かというと、さほどではありません。
実は女性からの視点ですと、たいていの男性は自分と同等もしくは背が高い方も多く、薄毛であってもそんなに目に入らなかったりするのです。
髪の毛よりも一番大事なのは清潔感や立ち振る舞いだと思います。